アコム増額

 

アコム増額と総量規制の関係について

消費者金融のアコムは、貸金業法が定める「総量規制」の対象ローンとなっています。

 

総量規制は、貸金業者による過剰な貸付を防止する目的で

 

 年収の3分の1を超える融資を禁止する

 

というものです。

 

つまり、すべての消費者金融からの融資の合計額が、自分の年収の3分の1を超えてはいけない、というのが総量規制になります。

 

 

この総量規制があることで、アコムへの増額を希望したタイミングで

 

 カードの利用限度額が減ってしまう

 

ということが起こり得るわけです。

 

 

つまり、アコムに増額申請を出し、審査を受けたときに他社の借入状況などもチェックされますが、他社の借入が増えている場合に

 

 年収の3分の1を超える融資となっている

 

という場合があるということです。

 

この場合は、アコムからの新規の融資は中止されますので、必然的に「アコムカードの利用停止」ということになってしまいます。

 

 

このようなデメリットを避けるため、アコム会員の多くは、

 

 増額ではなく、総量規制対象外のローンに申込む

 

という方法で増額にチャレンジしています。

 

他社へのカードローンの申込みの場合は、アコムの限度額が減らされる心配もありませんし、銀行ローンなら総量規制対象外です。

 

 

アコムへの増額を検討している方もいると思いますが、よほど自信がある場合を除き、他のローンに申込んだ方がいいでしょう。

 

さらに、バンクイックやレイクのような銀行カードローンを選べば、年収の3分の1を超える融資も不可能ではなくなります。